横田 知之/YOKOTA Tomoyuki

横田 知之 講師

【研究分野】
ナノ物理・デバイス分野
【研究領域】
有機エレクトロニクス、プリンタブルエレクトロニクス
【研究室URL】
http://www.ntech.t.u-tokyo.ac.jp/

研究内容

横田研究室では、次世代のエレクトロニクスの実現に向けて、有機エレクトロニクスをはじめとした、フレキシブルデバイスに関する研究に取り組んでいます。

研究の背景

フレキシブルエレクトロニクスは、従来のシリコンを中心としたエレクトロニクスにはない、機械的なフレキシブル性を有しており、フレキシブルディスプレイや大面積センサといった次世代のエレクトロニクスへの応用が期待されている。特に近年では、その柔軟性から生体・医療用のデバイスへの応用が期待されている。横田研究室では、これらの生体・医療用デバイス応用上で重要である『フレキシブルセンサ』に着眼し、体温付近で高感度を持つフレキシブルセンサや非常に極薄で、皮膚などに装着間なく身につけることができる有機光センサの開発を行ってきた。これらのデバイスを用いることで、生体の微小な温度変化や、脈拍、血中酸素濃度の測定などを実現してきた。

研究テーマ

現在研究室で精力的に取り組もうと考えているテーマは以下の通りです。

・フレキシブルセンサの開発
・有機集積回路の作製

学生へのメッセージ

横田研究室は、有機エレクトロニクスをはじめとしたフレキシブルデバイスの作製を行っている研究室です。横田研究室では、常に新しいことに『チャレンジ』していくことを重視しております。研究においては、他の研究者が行っていることを真似するのではなく、新しいアイディアをもとにこれまでになかったことを行うことが非常に重要です。横田研究室では、実際これまでにフレキシブルな温度センサや、極薄膜な有機光センサの開発などを行ってきております。
本年度より新しくできたばかりの研究室ですが、チャレンジ精神を持った学生をお待ちしております。見学は随時受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

図1:フレキシブルな温度センサー。体温付近で抵抗値が急激に変化する。
図2:顔に貼り付けた有機発光素子。厚さは3 μmでくしゃくしゃに曲げても壊れない。
図3:フレキシブルな血中酸素濃度計。有機光素子と受光素子を集積化している。