ニュース

一覧

    • 2021.01.25:
    • 近藤亮磨さん(博士3年)、生形貴さん(博士2年)、松浦賢太郎さん(博士1年)、大関 啓史さん(修士2年)がITU AI/ML in 5G Challenge Global Round in JapanにてBest Performance Awardを受賞しました。

      <受賞者>
      近藤 亮磨:大学院工学系研究科先端学際工学専攻 森川研究室 博士課程3年
      生形 貴:大学院工学系研究科電気系工学専攻 森川研究室 博士課程2年
      松浦 賢太郎:大学院工学系研究科電気系工学専攻 森川研究室 博士課程1年
      大関 啓史:大学院工学系研究科電気系工学専攻 森川研究室 修士課程2年

      <受賞した賞の名称と簡単な説明>
      ITU AI/ML in 5G Challenge Global Round in Japan "Best Performance Award"
      ITU(国際電気通信連合)が主催するITU AI/ML in 5G Challengeは、機械学習を用いて5Gネットワークの課題を解決するアイデアを競う国際的な大会です。Best Performance Awardは,日本代表を選出する予選において、本選への参加資格を得た上位3チームに与えられます。

      <受賞された研究・活動について>
      高品質な5Gネットワークの提供に向けて、通信事業者間で相互に運用されるインターネットコアネットワーク内の自律的な障害検知が求められています。
      そのためには、リアルタイムかつ大量に生成されるルーターのログから、各通信事業者が設定した経路情報の意味解釈を行う必要があります。そこで、情報量に基づく効率的な特徴量選択と、自然言語モデルを応用した経路情報の意味解釈とを、用いたネットワーク内の障害検知手法を開発しました。
      発表タイトル:「NFVベーステスト環境におけるIPコアネットワーク内の経路情報障害の解析」

      <今後の抱負・感想>
      名誉ある賞を頂戴し、関係者一同大変光栄です。
      各国の代表が競う本選に向けて、さらに磨きをかけていきたいと思います。

      <リンク>
      https://www.ieice.org/~rising/jpn/AI-5G/
    • 2021.01.24:
    • 工学系研究科電気系工学専攻(学際情報学府先端表現情報学コース)矢谷 浩司准教授がJapan ACM SIGCHI Local Chapter 優秀若手研究者賞を受賞しました。

      この賞は優れた研究業績を有するのみならずヒューマンコンピュータインタラクション分野の発展のために貢献し、本分野を先導する若手研究者に与えらえる賞です。
    • 2021.01.07:
    • 矢谷研究室の周 中一さん (工学系研究科電気系工学専攻 博士課程1年)が、情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会第68回UBI研究発表会 学生奨励賞を受賞しました。
      <受賞された研究>
      『人体ポーズ分析を応用したシンクロダンス練習支援システム』
    • 2020.12.17:
    • 山崎研究室OBの古田 諒佑氏 (現東大生産研助教)が下記の論文でIEEE SPS Japan Young Author Best Paper Awardを受賞しました。

      Ryosuke Furuta, Naoto Inoue, and Toshihiko Yamasaki, "PixelRL: Fully Convolutional Network with Reinforcement Learning for Image Processing," IEEE Transactions on Multimedia, vol. 22, no. 7, pp. 1704-1719, 2020.

      https://www.ieee-jp.org/section/tokyo/chapter/SP-01/sp.htm
    • 2020.12.14:
    • 小林 正治准教授らのグループによる研究が2019 IEEE EDS Leo Esaki Awardを受賞しました。

      <受賞者>
      小林 正治 d.lab/生産技術研究所 准教授
      多川 友作 生産技術研究所 大学院学生(当時修士2年、現 工学系研究科)
      莫 非 生産技術研究所 特任研究員
      更屋 拓哉 生産技術研究所 助手
      平本 俊郎 生産技術研究所 教授

      <受賞した賞の名称と簡単な説明>
      2019 IEEE EDS Leo Esaki Award
      ノーベル物理学賞を受賞された江崎玲於奈先生のお名前を冠した賞で、2019年に設立されました。電子デバイス分野で著名なIEEE Journal of Electron Devices Societyの年間最優秀論文に授与される賞です。小林准教授のグループは栄えある第1回の受賞となりました。

      <受賞された研究・活動について>
      次世代強誘電体材料を用いた強誘電体トンネル接合メモリに関する研究業績

      <今後の抱負・感想>
      本賞を受賞できたこと大変光栄に思います。AI/IoTの基盤となる革新的な集積デバイス技術の実現に向けて研究を進めてまいります。
    • 2020.12.04:
    • ナノ物理デバイスラボ 大矢忍准教授、小林正起准教授、Pham Nam Hai客員大講座准教授、田中雅明教授らは、日本原子力研究開発機構物質科学研究センターの竹田幸治研究主幹、東京大学大学院理学系研究科の藤森淳教授(現:名誉教授)、京都産業大学、東京工業大学との共同研究で、強磁性半導体(Ga,Mn)Asが常磁性状態から強磁性状態に変化していく過程を詳細に観察することにより、原子レベルでの強磁性発現メカニズムを明らかにすることに成功しました。
      この研究成果は、米国応用物理学誌「Journal of Applied Physics」電子版に12月4日(日本時間)に掲載され、掲載号の表紙を飾るとともにFeatured Article(注目論文)として解説記事と併せて公開されました。
      <論文>
      Yukiharu Takeda, Shinobu Ohya, Pham Nam Hai, Masaki Kobayashi, Yuji Saitoh, Hiroshi Yamagami, Masaaki Tanaka, and Atsushi Fujimori
      "Direct observation of the magnetic ordering process in the ferromagnetic semiconductor Ga1-xMnxAs via soft x-ray magnetic circular dichroism"
      J. Appl. Phys. 128, pp.213902/1-11 (2020).
      https://doi.org/10.1063/5.0031605
    • 2020.11.30:
    • ナノ物理デバイスラボ 田中・大矢研究室のJiang Miaoさん(2020年9月電気系博士課程修了、現在特任研究員)、大矢忍 准教授、田中雅明 教授らは、強磁性半導体単層の垂直磁化薄膜を作製し、物質内部の相対論的量子力学の効果である「スピン軌道トルク」を電流で発生させることにより、世界最小の電流密度で磁化を反転させることに成功しました。 この研究成果は、英国科学誌Nature Electronics(2020年11月30日電子版)に出版されました。
      <論文>
      Miao Jiang, Hirokatsu Asahara, Shoichi Sato, Shinobu Ohya and Masaaki Tanaka, "Suppression of the field-like torque and ultra-efficient magnetisation switching in a spin-orbit ferromagnet", Nature Electronics, published on November 30, 2020.
      https://www.nature.com/articles/s41928-020-00500-w
    • 2020.11.16:
    • 工学系研究科附属システムデザイン研究センター(d.lab)/生産術研究所 小林正治准教授が、ストレージメモリおよび人工知能ハードウェア応用に向けた強誘電体HfO2トンネル接合メモリのマルチスケールモデリングに関して、キオクシア奨励研究デバイス部門 優秀研究賞を受賞しました。
      これは、半導体を基軸として、理学・工学の更なる学術的発展に寄与する研究成果をあげている研究者研究者を表彰するものです。
    • 2020.11.16:
    • Somchart Fakgeawさん (電気系工学専攻, 2017年博士課程修了) が、タイ国立研究センター博士論文賞を受賞しました。
      この賞は、優秀な博士論文を執筆した者に対して授与されるものです。
      <受賞された論文>
      Achieving Expressive, Scalable, and Efficiently Revocable Collaborative Data Access Control in Multi-Authority Cloud
    • 2020.11.16:
    • メディア・コンテンツラボ 山崎研究室 客員研究員(当時)楢原太郎氏らが下記の発表により電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション賞(HC賞)を受賞しました。

      楢原 太郎, 汪 雪テイ, 山崎 俊彦
      「不動産間取り図から主観的に感じる魅力度と間取り要素の関連解析」
      (資料番号:MVE2019-13)
    • 2020.11.05:
    • 電気系工学専攻、矢谷浩司准教授のインタビューがPeople of ACMに取り上げられました!
      People of ACMはコンピューティングの発展に大きく貢献しているACM会員の、 ユニークな科学的業績とその研究者の個性を紹介する記事です。
      IPSJ/ACM Award for Early Career Contributions to Global Researchの受賞を受けてのインタビューとなりました。
      https://www.acm.org/articles/people-of-acm/2020/koji-yatani
    • 2020.11.03:
    • 田村浩人さん(電気系工学専攻 博士2年)と田中剛平特任准教授の研究が、29th International Conference on Artificial Neural Networks(ICANN)において、Best Paper Award (3rd Prize)を受賞しました。
      この賞は、人工ニューラルネットワークの国際会議であるICANNに採択された論文の中で、139本のうち3本に与えられました。
      <受賞された研究>
      リザバーコンピューティングモデルのオンライン学習アルゴリズムを改良して、学習計算に必要なメモリの削減を実現し、ハードウェア実装に有望であることを示した。
      論文名:H. Tamura and G. Tanaka, "Two-Step FORCE Learning Algorithm for Fast Convergence in Reservoir Computing," In International Conference on Artificial Neural Networks, Springer, pp. 459-469, 2020
    • 2020.10.01:
    • 電気系工学専攻の松橋教授が令和二年度産業標準化事業表彰(経済産業大臣表彰)を受賞しました。
      <受賞された活動>
      エネルギーと環境に関するISO規格の国内委員長としての貢献
    • 2020.09.17:
    • 電気系工学専攻の川原圭博教授、成末義哲助教らの研究が、ACM Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT)において、Distinguished Paper Awardを受賞しました。
      この賞は、ユビキタスコンピューティング分野のトップジャーナルである IMWUT に2019年に採択された論文の中で、特に優れた論文に対して送られる賞です。 今年は全部で166本の論文のうち6本が受賞しました。
      <受賞者>
      角谷和宣:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 修士課程2年(当時)
      笹谷拓也:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 博士課程3年
      西澤勇輝:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 修士課程2年(当時)
      對尾健二:大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 川原研究室 特任研究員(当時)
      成末義哲:大学院工学系研究科電気系工学専攻 助教
      川原圭博:大学院工学系研究科電気系工学専攻 教授
      <受賞された研究>
      Kazunobu Sumiya, Takuya Sasatani, Yuki Nishizawa, Kenji Tsushio, Yoshiaki Narusue, and Yoshihiro Kawahara, “Alvus: A Reconfigurable 2-D Wireless Charging System,” PACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (ACM IMWUT), Vol. 3, No. 2, Article No. 68, June 2019.
      自由な形状の給電領域を手軽に構成できる二次元無線給電システムを提案しました。ユーザーは机・棚・床・壁といった平面に対して六角形の共振器モジュールを敷き詰めるだけで、その平面の上であれば任意の場所で電子機器に給電が行えるようになります。
      https://dl.acm.org/doi/10.1145/3332533
    • 2020.06.15:
    • 成末義哲 助教が電子情報通信学会Electronics ExpressよりELEX Editorial Contribution Awardを授与されました。
      <受賞された活動>
      電子情報通信学会のElectronics Express (ELEX)において、その編集および査読にかかわる担務に編集委員として貢献し、研究分野の活性化に寄与しました。
    • 2020.05.28:
    • 仙田薫さん(電気系工学専攻 修士1年)が 情報処理学会第82回全国大会にて大会優秀賞を受賞しました。
      http://www.ipsj.or.jp/award/taikaiyusyu.html
      <受賞された研究>
      果樹の生育把握に向けたヒューリスティックな近傍モデルによる三次元点群からの個体分割方法」
      ドローンを利用して農場で栽培する果樹の3次元点群を測定し、樹幹構造における幹や枝の形状を主成分分析で検出することで点群を1本ずつ分割する研究です。