中山 雅哉/NAKAYAMA Masaya

中山 雅哉 准教授

【研究分野】
ユビキタス情報環境分野
【研究領域】
広域分散処理
【研究室URL】
http://www.cnl.t.u-tokyo.ac.jp/

研究内容

広域分散環境の高度基盤技術に関する研究
Internetに代表される広域分散環境は、今日の社会生活に不可欠な存在となっている。これまでは、計算機を主体としてノードが構成されてきたが、最近では、気象センサーや振動センサーなどの様々な小型デバイスもネットワークに接続される様になり、小型ノードから得られる情報が社会生活に対する安心情報として利用される様になってきた。
一方で、ネットワークに接続されるノードの規模が爆発的に拡大することで、各ノードから得られる情報をデータ統合ノードに集約する際の中継ネットワークの輻輳や遅延に関わる課題や、データ統合ノードに集約された情報を広域に分散した多数の利用者に効率的に提供するための課題を解く技術が不可欠なものとなっている。また、ノード数の拡大に伴って、通常のノードを中継先とするDDoS攻撃やSPAMなどを早期に検知、防止するためのセキュリティ対策技術の必要性も高まっている。
本研究室では、これらのネットワーク基盤技術の研究に取り組んでいる。

自律分散ノード間での効率的な情報流通技術に関する研究

今日の社会生活に不可欠な広域分散環境(Internet)には、最近は計算機だけでなく気象センサーや振動センサーなどの様々なデバイスが接続される様になってきた。これらの小型センサーは、自律分散ノードとして観測されたデータを集約ノードなどに常時送信する機能を持っており、集約ノードに集められた情報に基づいて、社会生活に対する安心情報としてネットワーク利用者に提供されている。例えば、気象庁が行っている緊急地震速報は、振動センサーから得られる地震に関する情報を、ネットワークを介して利用者に提供する仕組みの一例として挙げることができる。

ネットワークに接続される自律センサノードの規模が爆発的に拡大すると、各ノードから得られた情報をデータ統合ノードに集約する際の中継ネットワークの輻輳や遅延に関する問題や、データ統合ノードで得られた集約情報を広域に分散した多数の利用者に提供するための技術が不可欠となる。本研究室では、国内外におかれた各地の気象センサー情報や3次元加速度センサーを用いた建物の振動情報を連続計測することで、都市基盤のリスク管理を行う研究を行うとともに、集約ノードに集められた情報を広く分散した利用者に効率的にデータ提供するためのオーバレイネットワーク上での広域負荷分散技術の開発を行っている。

非安全で安定した社会基盤を構築するネットワーク技術の研究

Internetに接続されるノード数の拡大に伴って、通常のノードを中継先とするDDoS攻撃やSPAMなどの新たな問題が発生してきている。社会基盤として安全で安定したネットワークを構成するためには、これらの攻撃を早期に検知、防止するためのセキュリティ対策技術の開発が広く望まれている。特に、最近は、無線ネットワークの利用が一般的になっており、ノートPCをはじめとした携帯型端末を持ち歩きながら、どこでもネットワークに接続して利用できる環境が都市部では当たり前になってきた。しかし、無線LANの基地局がカバーする範囲は狭いため、移動しながら通信ができるネットワーク環境がどこでも構築される状況には至っていない。そこで、近くの無線ノード同士がお互いに他のノードの通信を中継し合うことで、簡便に近隣ノード間でグループコミュニケーションを行うことができるアドホックネットワーク技術の研究も盛んに行われている。グループ内の通信といえども他者の通信の中継を通常のノードが担うことから、不審者による通信妨害の検知や回避は不可欠であり、その解決は重要な課題となっている。
本研究室では、安定した社会基盤を構築するネットワーク技術として、セキュリティ対策技術無線通信の効率化に関する研究を行っている。

学生へのメッセージ

大学院に進む研究者は、研究する領域を探査し、関連する研究状況を精査し、自ら切磋することが必要であると考えています。本研究室では、新しい通信の研究領域を創成する積極的な研究者を求めています。あなたも最先端の研究の緒につきませんか?

図1:TCP分割手法によるデータ転送時間の短縮効果