EEIS 東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻

大西 亘 講師

本郷キャンパス

機械力学・制御
知能機械学・機械システム
電力工学・電力変換・電気機器
制御・システム工学
エネルギー

メカトロニクス制御を数理最適化で究める

数理と情報の融合により物理限界の極限を攻めた制御性能を実現を目指しています。露光装置,半導体熱処理炉,鉄道などの制御対象に対して,最先端の制御則を提案・設計・実装し,持続可能で豊かな社会を支えます。

研究分野1

精密制御で半導体微細化を支える

高速・高精度の制御により,集積回路やフラットパネルディスプレイのさらなる微細化・3D化を推し進めます。数理と情報の融合により物理限界の極限を攻めた制御性能を実現を目指しています。多入出力系のシステム同定,データ駆動制御,学習制御,制御対象の制御系の統合設計により,制御性能とロバスト性を両立を追究します。装置メーカーとの共同研究を通じて,制御技術を世界最先端の半導体製造へ展開します。
研究分野2

新型遮断器により高圧直流送電を実現する

再生可能エネルギー大量導入には,直流送電が必要です。しかし,電流零点のない直流には安価な遮断器がないという課題があります。これに対し我々は学学連携で,ヒューズ・半導体・リニアモータを組み合わせた,小型・安価に直流大電流を遮断できる遮断器を提案しました。高性能化のための基礎原理研究と,直流電気鉄道や直流電力網への応用を進めています。国際特許取得,国際論文誌掲載,NEDO未踏チャレンジ2050採択をされました。
研究分野3

先端モーション制御で正確・省エネな鉄道自動運転を実現する

無線式列車制御,GPS等を活用し,安全・正確で持続可能な鉄道システムを実現するための研究をしています。Hardware-in-the-loop simulation (HILS)環境の卓上軌条輪試験装置を開発し,空転再粘着制御,学習制御,量子化補償,無駄時間補償などの研究を行います。
一覧に戻る