EEIS 東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻

夏秋 嶺 准教授

本郷キャンパス

フォトニクス・ワイヤレス
知能情報学
防災学
計測工学

アクティブセンシングが測る、世界の変化

「電波を使った観測」が私たちの研究テーマです。電波を使えば、昼夜天候に関係なく遠方のものを観測できます。人工衛星に搭載したレーダで、偏波や位相を使い、地球のダイナミックな変化を知ることがテーマです。

研究分野1

地表のモーションキャプチャ Sense the dynamics of the Earth

私たちが住む地球表面は地震や火山活動などの自然災害だけでなく、地下の採掘や埋め立てに伴う地滑りや地盤沈下など人類の活動によっても絶えず変形が起きている。この変形を詳細に面的に計測することで、災害の予兆を検知したり発災後に被害の規模を見積もったりすることができるようになる。特に、合成開口レーダ(SAR)は地表を面的に観測し数センチの精度で地表面の変化を計測可能なため近年研究が進んでいる。これは、いわゆる地表のモーションキャプチャであるが、人工衛星を活用する大規模なものである。我々は、時系列の三次元計測処理など多数の高度で適応的な観測データの処理アルゴリズムを提案している。
研究分野2

レーダ衛星観測による災害検知 Disaster detection using spaceborne radar systems

地震や火山、洪水などによる被害を発災直後に検知することで、被害範囲や要救助者の位置を絞り込んだりすることができる。SAR を使えば夜間や荒天時も確認できるため、近年利用が進んでいる。一方で、災害時の緊急観測は高速な情報処理が必要であったり、平常時とは異なる観測条件下で行われたりするため、我々は干渉解析をもとにしたロバストかつ高精度な解析手法を提案している。
研究分野3

周波数競合に伴う不要波の検知と除去 Detection of radio frequency interference

SARは電波の帯域を測位衛星システム(GNSS)や通信・放送など他のシステムと共有しており、観測データにはそれら信号が重畳されている。これは不要波(RFI)と呼ばれ、解析の妨げとなってきた。2受信機の信号の相関性からRFI を適切に検知・抑圧することで従来よりも低雑音なSAR 画像を作成することができる。
一覧に戻る