EEIS 東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻

教員・研究一覧

77

教授

相田 仁 教授

ネットワーク・分散処理

コンピュータやマルチメディア端末を有機的に結合して、高度情報システムを実現するための、ネットワークアーキテクチャやアプリケーションについて研究を行っています。

ユビキタス情報環境
コンピュータ・システム
情報ネットワーク
通信・ネットワーク

池田 誠 教授

知的情報処理・センシングとセキュリティ

世の中のサイバー空間における知的処理の基点としてのハードウエアは、より知的に、より高速に、より低電力に、そしてより安全に進化しています。サイバー空間への入り口としてのセンシング、取得したデータ、その知的な情報処理、の各段階における処理性能の向上、電力の削減、安全性の向上といった切り口での研究に取り組んでいます。

半導体システム
高性能計算
情報セキュリティ
知覚情報処理
電子デバイス・電子機器
通信・ネットワーク

井 通暁 教授

先進核融合プラズマの実現

経済的な核融合炉心の実現を目指した高性能プラズマ閉じ込めの実験研究を行っています。天体プラズマで普遍的に観測される「磁力線のつなぎ変わり」現象を積極的に応用した独創的な高ベータ化手法を採用しています。

環境・エネルギー
プラズマ
核融合

岩本 敏 教授

量子ナノフォトニクスとトポロジカルフォトニクス

新奇光デバイスや量子情報デバイスの実現を目指し、フォトニックナノ構造における光科学の探求、トポロジーの概念を活用した新たな光制御技術の開拓、ダイヤモンドナノフォトニクスの研究を進めています。

ナノ物理・デバイス
ナノ構造物理
光工学・光量子科学
原子・分子・量子エレクトロニクス
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

大崎 博之 教授

次世代エネルギー機器のための超電導技術

電気エネルギーの効率的利用と先進的電磁界応用システムの実現を目指して,超電導体や高性能永久磁石等の先端材料を活用し,優れた特性を有する電気エネルギー機器およびシステムの研究を進めています。

環境・エネルギー
電力工学・電力変換・電気機器

岡田 至崇 教授

超高効率かつ低コストを実現する次世代太陽電池

次世代のエネルギーを担う超高効率かつ画期的に低コストな太陽電池を実現すべく、MBE (Molecular Beam Epitaxy) 法による結晶成長技術を用いた材料探索と最適化、および特性評価や分光・電気計測手法の開発 といった実験的アプローチから、数値計算などによる理論的アプローチまで多角的な研究を行っています。

環境・エネルギー
ナノ構造物理
応用物性
電子・電気材料工学

小関 泰之 教授

光パルスを駆使して生体を見る

小関研究室では、光パルスを駆使する生体イメージング法の光源や計測システムの研究と生体観察応用の研究を進めています。最近では、超高速分子イメージング、超多色イメージング、量子光学による高感度化などに取り組んでいます。

フォトニクス・ワイヤレス
光工学・光量子科学
計測工学

小野 靖 教授

人工太陽=核融合エネルギーの開発〜経済的な核融合炉の追求〜

プラズマの基礎を固めた上で、人工太陽、プラズマ物理研究で欧米の超一流研究機関と競争しましょう。更に留学で他流試合を行って国際的に通用するプラズマ研究者・技術者へ成長されるよう願っています。先端国際研究拠点、プリンストン東大研究協力プロジェクトの中核として欧米との交流が最も盛んな研究室です。

環境・エネルギー
天文学
プラズマ
電力工学・電力変換・電気機器
核融合

小野 亮 教授

放電プラズマ技術の開発 —医療、マテリアルから航空宇宙応用まで—

放電プラズマを用いた医療、マテリアル、航空宇宙応用技術の開発および、プラズマ計測やシミュレーション、マテリアルとの相互作用反応モデルの開発など基礎研究を行っています。

環境・エネルギー
プラズマエレクトロニクス
電力工学・電力変換・電気機器

川原 圭博 教授

Internet of Thingsのためのデジタルものづくりと無線給電

Internet of Thingsの次の時代を見据え、あらゆるものにセンサやアクチュエータの機能が自然に内包された世界の実現を目指し、AIを活用したデジタルものづくり技術、無線給電技術、ロボット、センシング技術に取り組んでいます。

ユビキタス情報環境
情報ネットワーク
知覚情報処理
ヒューマンコンピュータ・インタラクション
知能ロボティクス
通信・ネットワーク

工藤 知宏 教授

データを生かす社会を創る 〜機械学習の高速処理とデータプラットフォーム〜

データから、より価値のある「知」を抽出するための情報基盤構築技術の開発を行っています。外部の研究機関、大学とも連携して「勝てる」情報基盤を作るための研究を進めます。

ユビキタス情報環境
コンピュータ・システム
情報ネットワーク

久保田 孝 教授

賢い探査ロボットで宇宙を拓く

宇宙探査機(ロボット)の知能化の研究を行っています。環境認識、行動計画、移動機構などを賢くして、月、火星、小惑星探査などに役立てましょう。

システム制御・宇宙
知能ロボティクス
知能機械学・機械システム
制御・システム工学
航空宇宙工学

熊田 亜紀子 教授

高電圧・大電流のフロンティア

カーボンニュートラル社会構築が求められる中、電力システムは大きく様変わりしています。従来の交流グリッドの高度化に加え、直流グリッドの基盤技術の開発が急務となっています。社会インフラ構築に直結した“出口”を見据えた上で、物性物理や放電物理を理解し、さらに新しいセンサを開発し、放電現象や電流遮断現象、そして固体中の電気伝導現象を解明していっています。研究室は、佐藤正寛准教授、藤井隆特任教授と共同で運営しています。

環境・エネルギー
光工学・光量子科学
プラズマ
エネルギー関連化学
電力工学・電力変換・電気機器
電子・電気材料工学
計測工学

黒田 忠広 教授

3D集積回路

AIチップ、3Dメモリー、シリコンコンパイラーを研究して、グリーンなシステムをアジャイルに設計できる人材を育成します。

半導体システム
高性能計算
電子デバイス・電子機器
通信・ネットワーク

河野 崇 教授

神経模倣システム 〜神経系を模倣し、柔軟で自律的な知的情報処理システムを目指す〜

次世代脳互換AIの基盤としてのシリコン神経ネットワークを、現象論的、構築的、理論的アプローチから分野横断的に研究しています。電子回路と脳神経系モデルに興味のある方を歓迎します。

バイオ・複雑系
生命・健康・医療情報
電子デバイス・電子機器

古関 隆章 教授

運ぶ科学−電気/制御で人や物を動かす

鉄道車両、磁気浮上、リニア機等におけるエネルギーと運動の制御、輸送システム運行の情報化・自動化など交通等への電機駆動応用制御を研究します。

システム制御・宇宙
電力工学・電力変換・電気機器
計測工学
制御・システム工学

杉山 正和 教授

太陽光を燃料に転換する半導体デバイス・システム

再エネ利活用技術の基礎研究から社会実証まで幅広い興味を持って活動しています。電気と化学、研究と社会、インターフェースに最先端が在ります。

ナノ物理・デバイス
サスティナビリティ
ナノ材料工学
グリーン
電子・電気材料工学

関谷 勇司 教授

ソフトウェアと仮想化を用いたネットワークサービスプランの構築

ネットワークを社会のインフラとしてより便利に、信頼性のあるものとして使えるようにするための基礎技術、応用技術、アプリケーション等の研究に取り組んでいます。理論的な研究にとどまらず、実際に作成してみて実証実験を行う、そんな実践的なアプローチを基本とした研究を行なっています。

関野 正樹 教授

エレクトロニクスで拓く神経の計測、刺激、医療デバイス

神経活動から発生する微弱な磁場を検出できる超高感度磁気センサ、パルス磁場による神経の刺激と制御、がんの転移診断のための磁気センサなどのバイオ・医療技術の研究をAIも取り入れながら進めています。

バイオ・複雑系
生体医工学・生体材料
医用システム
脳科学 脳計測科学
電子デバイス・電子機器
医学物理学・放射線技術学

染谷 隆夫 教授

柔らかい有機材料を用いたスキンエレクトロニクスの研究

有機エレクトロニクスの生体・医療デバイス応用に関する研究を日々行っています。国内外の多くの研究グルーブ(科学者、物理学者、医者、企業)と積極的に共同研究を行っています。

ナノ物理・デバイス
生体医工学・生体材料
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

高木 信一 教授

新材料・機能集積で切り拓く超低消費電力CMOS半導体デバイス

半導体デバイス研究の最先端で、今世界中でホットに進められている研究にすぐに飛び込んで見たい方、これまで学んできた物性理論や半導体の知識が実際どのように役立つのか実感して見たい方など、意欲的な皆さんの参加を期待します

ナノ物理・デバイス
ナノ構造物理
薄膜・表面界面物性
物性
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

高橋 琢二 教授

ナノプローブで探るナノメートルの世界 ~目に見えないものを「見る」~

本研究室では、ナノメートルオーダの分解能を有するナノプローブ技術を駆使し、ナノ領域での新規物性評価技術を確立することと、そのような物性の理解を通じて新しいデバイスの探求に貢献することを目指しています。

ナノ物理・デバイス
ナノ構造物理
薄膜・表面界面物性
電子デバイス・電子機器

高宮 真 教授

IoTを創るエレクトロニクス

高宮研究室では「社会の課題をエレクトロニクスで解決」することをビジョンに掲げ、LSI設計をコア技術として、小さなチップで大きな電力を賢くあやつる「集積パワーマネジメント」の研究を行っています。

半導体システム
電力工学・電力変換・電気機器
電子デバイス・電子機器
制御・システム工学
エネルギー

竹内 健 教授

データセントリックコンピューティング(AI・Computation in Memory・量子コンピュータ)

脳のようにデータの処理と記憶が融合したデータ中心のコンピューティング、CiM (Computation in Memory)を研究しています。AI時代に向けて、LSIのハード・制御ソフト・機械学習から応用・社会実装まで、分野を越境し異分野をCo-designする人材を育成します。

半導体システム
コンピュータ・システム
高性能計算
知覚情報処理
知能情報学
電子デバイス・電子機器

竹中 充 教授

シリコンフォトニクスで切り拓く次世代AI・IoTデバイス

シリコンを使って光電子集積回路を実現するシリコンフォトニクスの研究を進めています。GeやIII-V族化合物半導体、グラフェンなどの2次元材料をSiフォトニクスと組み合わせることで、光演算で深層学習を行うAI用プログラマブル光回路、光配線LSI、中赤外集積回路などの研究を進めており、ムーアの法則に依らない革新的コンピューティングの実現を目指しています。

ナノ物理・デバイス
高性能計算
光工学・光量子科学
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器
通信・ネットワーク

田中 雅明 教授

新しい電子材料・デバイス、スピントロニクスの研究

電子のスピン機能を活用した新しいエレクトロニクスの創造を目指し、新材料、 ヘテロ構造、ナノ構造、デバイスの研究を行っています。知的好奇心に基づくサ イエンスの基礎研究から工学的応用を視野に入れた研究まで、幅広いテーマに取 り組んでいます。電子のスピン機能を活用した新材料、ヘテロ構造、ナノ構造、デバイスの研究を行っています。

ナノ物理・デバイス
応用物性
結晶工学
応用物理学
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

田畑 仁 教授

スピン波・ゆらぎによる脳模倣型Beyond AIデバイスとTHz波プラズモニクス

ニューロンでの信号処理がスピングラス呼ばれる物性のハミルトニアンと同値であることに着目し、スピン揺らぎを活用した脳型デバイス研究。またTHz波帯域でのプラズモニクス研究。

バイオ・複雑系
生命・健康・医療情報
医用システム
ナノバイオ
薄膜・表面界面物性
応用物理学
電子・電気材料工学

年吉 洋 教授

MEMS/NEMS、マイクロナノメカトロニクス

MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)は電気、機械、化学、材料力学、流体力学、光学…の複合領域です。半導体微細加工技術を光通信デバイス、画像ディスプレイ、医療診断装置、IoTセンサ、エナジーハーベスタ等に応用します。

ナノ物理・デバイス
ナノバイオ
ナノマイクロシステム
天文学
知能機械学・機械システム
電子デバイス・電子機器

中島 研吾 教授

ポストムーア時代のアプリケーション・アルゴリズムへ向けて

スパコンを駆使した大規模シミュレーションによる計算科学は理論・実験に続く「第3の科学」と呼ばれています。当研究室では、スパコン上での大規模シミュレーションを支える数理的基盤の研究開発をScience-Modeling-Algorithm-Software-Hardware(SMASH)の幅広い観点から実施し、「第3の科学」の発展に貢献します。

メディア・知能・計算
高性能計算
計算科学

中野 義昭 教授

化合物半導体による集積回路と再生可能エネルギー

当研究室では、太陽電池や集積光デバイスを一から実際に作ります。実際に作製されたデバイスと向き合って丹念に特性を調べてみると、コンピュータ上にモデル化されたいわばヴァーチャルなデバイスとは随分異なっていることがわかります。リアルなデバイスとの対話は、われわれにとって最も重要な研究過程と言えます。

ナノ物理・デバイス
ナノ構造物理
光工学・光量子科学
エネルギー関連化学
電子デバイス・電子機器
通信・ネットワーク

橋本 樹明 教授

宇宙飛翔体を自在に制御する

制御技術や情報処理技術を応用し、様々な宇宙ミッションを実現していきます。皆さんの斬新なアイデアで、不可能を可能にしていきましょう。

システム制御・宇宙
機械力学・制御
知能機械学・機械システム
制御・システム工学
航空宇宙工学

塙 敏博 教授

演算加速機構と通信の融合・強調による次世代スパコン技術

現有のスパコンを使ったアプリケーションの最適化や分析などにより、問題点を明らかにすると同時に、独自ハードウェアによる専用ネットワークおよび通信ライブラリの開発などを行っています。FPGAを用いたアプリケーションのオフローディングと通信の融合、プログラミングとの統合が目下のテーマです。

メディア・知能・計算
コンピュータ・システム
高性能計算

馬場 旬平 教授

電気を使って電気を創る〜スマートグリッドに向けた機器の制御〜

パワーエレクトロニクスやエネルギー貯蔵技術、ICTなど新しい技術を電力分野に適用し、より良い電気エネルギーシステムの構築に資する研究をしています。実際に離島などに出向いて実験をするなど、ハードウェアに近い研究をしています。

環境・エネルギー
電力工学・電力変換・電気機器
制御・システム工学
エネルギー

平川 一彦 教授

テラヘルツナノサイエンスと極限デバイス物理

平川研究室では、単一分子や量子ドット、NEMSなどナノ構造の物理を明らかにし、それに基づく新しい動作原理のデバイスや超高感度検出技術などを考える研究を行っています。物理にロマンを感じる人、もの作りが好きな人、歓迎します。

ナノ物理・デバイス
ナノ構造物理
応用物性
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

平本 俊郎 教授

大規模集積を目指したシリコンナノデバイスの世界

平本/小林研究室では,将来の革新的集積ナノエレクトロニクスにおいてデバイスサイドからイノベーションを起こすことにより究極の集積ナノデバイスを追究し,世界の諸課題解決に貢献することを目指します.

ナノ物理・デバイス
ナノ構造物理
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

廣瀬 明 教授

電波の眼と脳の機能で見る・感じる・話す ワイヤレス エレクトロニクス+ニューラルネットワーク

脳の情報処理原理の電子情報工学的な探求と解析、記号処理とパターン処理の融合による新しい情報・信号処理方式の創出、それらから生まれる柔軟な電磁波(光波)計測技術、イメージングや通信方式の開発、そこで必要になるシステムとデバイスの実現について研究しています。

フォトニクス・ワイヤレス
知能情報学
ソフトコンピューティング
防災学
電子デバイス・電子機器
計測工学

廣瀬 和之 教授

飛翔体を自在に操る

宇宙や地上の放射線環境に対してレジリエントな半導体デバイスの研究をしています

ナノ物理・デバイス
ナノ材料工学
薄膜・表面界面物性
電子デバイス・電子機器

福田 盛介 教授

探査機/衛星システムとセンサ信号処理

電子工学を背景とする衛星・探査機システムに関わる技術や、レーダー・画像センシングの信号処理技術などについて、実際のプロジェクトに非常に近いところから将来の要素技術まで、幅広く研究を行っています

システム制御・宇宙
電子・電気材料工学
計測工学
航空宇宙工学

藤本 博志 教授

制御のチカラで世界が変わる! ~電気自動車,ワイヤレス給電,応用制御,電気飛行機~

研究分野は制御理論とその応用,モーションコントロール, ナノスケールサーボ,ロボティクス, 電気自動車の運動制御,非接触給電,パワーエレクトロニクス,宇宙機・電気飛行機の制御などです。

システム制御・宇宙
機械力学・制御
知能機械学・機械システム
電力工学・電力変換・電気機器
制御・システム工学
航空宇宙工学

松橋 隆治 教授

エネルギーシステム分析と低炭素社会実現に関する研究

松橋研では、エネルギーシステムと地球温暖化対策の研究、およびエネルギー政策に関わる多様な研究をおこなってきました。現在は、再生可能エネルギーの導入拡大を考慮した電源構成モデルの開発と、限定合理性を考慮した新しいエネルギー経済モデルの構築を進め、これらを統合して研究を進めています。

環境・エネルギー
サスティナビリティ
エネルギー

三田 吉郎 教授

自然の機能に学ぶ先端集積化マイクロシステムの展開

山手線内で最も清浄な部屋「スーパークリーンルーム」で、世の中が見たこともないような「世界初」「世界最高」の賢いマイクロマシンを学生諸君と一緒に創造しています。

半導体システム
ナノバイオ
ナノマイクロシステム
電子デバイス・電子機器

峯松 信明 教授

喋って聞いて教えてくれるコンピュータ(音声言語情報処理)

ことば(音声)を使って意思疎通を図れる機械を作る作業をしていると、音響音声学、認知科学、言語学、脳科学と、視野が段々と広がり、研究活動に深みが出てきます。音声の分析、合成、認識、そして理解と、様々な目標に向けて日々努力しています。

メディア・知能・計算
認知科学
知覚情報処理
知能情報学
感性情報学
学習支援システム

森川 博之 教授

デジタルで社会・産業・経済・地方を変える

デジタルが社会をどう変革していくかに想いを巡らせながら,5G / Beyond 5G,モノのインターネット,クラウドロボティクス,無線通信/給電,情報社会デザインなどの研究を進めています.しなやかな若い発想で一緒に研究を進めていきましょう.

ユビキタス情報環境
情報ネットワーク
高性能計算
知能情報学
ウェブ情報・サービス情報
通信・ネットワーク

山下 真司 教授

新規材料・新規構造による光通信・センシングのための新しいレーザ・光デバイス

山下ーセット研究室ではフォトニックネットワークにむけた光デバイスの開発を行っています。それ以外の応用に向けた、光ファイバや光導波路を用いたデバイスの開発にも積極的に取り組んでいます。

フォトニクス・ワイヤレス
光工学・光量子科学
計測工学

特任教授

濱田 基嗣 特任教授

半導体を駆使した次世代センシング技術 ~見えないものを見えるようにする~

IoT/AI時代の情報技術を担う、電波や光の新しい性質を用いたセンシング技術や高度な信号処理を支える低電力プロセッサ技術を研究しています。

半導体システム
コンピュータ・システム
高性能計算
電子デバイス・電子機器

藤井 隆 特任教授

革新的レーザ計測技術の開発と高電圧研究への適用

直流グリッドが共存した次世代電力システムの実現に向け、光を用いた電界計測やレーザプラズマを用いた設備診断技術など、レーザの特長を生かした様々な応用研究や、レーザ特有の非線形現象の解明を行っています。

環境・エネルギー
光工学・光量子科学
プラズマ
電力工学・電力変換・電気機器
計測工学
エネルギー

准教授

飯塚 哲也 准教授

デザイン・サイエンス 〜回路設計技術を科学し、高性能システムの実現へ〜

アナログ集積回路設計技術(デザイン)に着目し、理論・解析に基づいた(サイエンス)最適設計指針を明らかにすることで、通信・IoT・AI等の応用に向けた高性能集積回路システムの実現を目指しています。

半導体システム
コンピュータ・システム
電子デバイス・電子機器
通信・ネットワーク

大石 岳史 准教授

実仮想世界の時空間モデリング・表現

ロボットや自動運転車両などの自律行動を実現するために、LiDARや全周カメラなどの光学センサデバイスを用いた環境モデル化、認識、解析などの技術開発を進めています。

メディア・知能・計算
知覚情報処理
知能ロボティクス

大矢 忍 准教授

原子レベルで制御された高品質単結晶半導体/酸化物量子ナノヘテロ構造を用いたスピンデバイス創製

酸化物や半導体などを中心とした様々な材料系からなる「原子レベルで制御された高品質の単結晶量子ヘテロ構造」を作製し、電子の量子力学的な性質とスピン自由度を組み合わせて、スピンの流れを高効率に制御することにより、新規物理の開拓と、次世代のグリーンイノベーションにつながる高効率の低消費エネルギーデバイスの実現を目指しています。

応用物性
結晶工学
薄膜・表面界面物性
グリーン
電子・電気材料工学

小川 剛史 准教授

ヒト×モノ×コトのインタラクション

「真剣に学び、真剣に遊ぶ。」これが小川研のモットーです。研究者として尊敬され、人として魅力のある人間を⽬指して、限りある時間と体力をフル活⽤して、頑張ってください。きっと、充実した大学院生活が送れます。

ユビキタス情報環境
知覚情報処理
ヒューマンコンピュータ・インタラクション
感性情報学

小林 徹也 准教授

情報と数理の技術で捉える生命現象

本研究室では、様々な生体定量データに理論的・情報学的アプローチを統合することで、生命システムの情報処理やロバスト性などの支配原理を明らかにすることを目指します。

バイオ・複雑系
数理情報学
ソフトコンピューティング
生命・健康・医療情報
システムゲノム科学
生物物理学

小林 正起 准教授

新しい電子材料・スピントロニクス物質の物性解明

物性の発現機構を理解すれば、材料の高性能化や応用に望まれる物質創成への手がかりを得ることができます。小林(起)研究室では、機能性電子材料の物性解明や物質設計を目的として、放射光分光を用いた電子状態解析による基礎研究を進めています。

ナノ物理・デバイス

小林 正治 准教授

新しい動作原理・構造による次世代トランジスタ技術

平本/小林研究室では、将来の革新的集積ナノエレクトロニクスにおいてデバイスサイドからイノベーションを起こすことにより究極の集積ナノデバイスを追究し、世界の諸課題解決に貢献することを目指します。

ナノ物理・デバイス
コンピュータ・システム
ナノ材料工学
薄膜・表面界面物性
計算科学
電子デバイス・電子機器

齋藤 大輔 准教授

喋って聞いて教えてくれるコンピュータ(音声言語情報処理)

音声に関する情報処理についてその要素技術の発展・高精度化・応用を進めるとともに、それを軸としたマルチメディア情報処理について研究を行っています。数理的なバックグラウンドに基づいて、幅広く様々なメディアを取扱い、新しい技術を創造することを目指しています。

メディア・知能・計算
知覚情報処理
知能情報学
知能ロボティクス
感性情報学

佐藤 周行 准教授

サイエンスとしてのセキュリティ

認証基盤に関する研究、検証付き最適化コンパイラの研究、 分散環境における計算環境の研究などを行っています。

メディア・知能・計算
コンピュータ・ソフトウェア
情報セキュリティ

佐藤 正寛 准教授

物性論とスマートなAIを活用した電気電子材料の創成

材料律速な世界においてカーボンニュートラルを実現すべく、自然法則と人工知能を協奏させ、新しい電気電子材料を創成しています。加え、電子構造論に基づき高電界現象を理解し、先進的な制御方法を提言しています。

環境・エネルギー
知能情報学
計算科学
物性
プラズマ
電力工学・電力変換・電気機器
エネルギー

下川辺 隆史 准教授

スパコンにおける大規模シミュレーション

物理シミュレーションは、気象・宇宙・ものづくりなどの計算科学・計算工学の様々な分野で活用されています。次世代スパコンを活用した大規模シミュレーションの実現には、計算手法、アルゴリズム、ソフトウェア技術の研究開発が必要です。私たちは、流体計算、GPU計算、AMR、高速化手法、機械学習、動的負荷分散などの研究に取り組んでいます。

メディア・知能・計算
コンピュータ・ソフトウェア
高性能計算
計算科学

関 宗俊 准教授

バイオ"を"学び、バイオ"に"学ぶエレクトロニクス

生命に特有の“ゆらぎ”をキーワードに、バイオに学んだ新しいエレクトロニクスを目指しています。磁性相や強誘電相から構成される人工格子を創製し、相共存と“ゆらぎ”が引き起こす新規物性と、柔軟でしなやかなバイオ固有の機能との類縁性に関する基礎研究を行っています。

ナノ物理・デバイス
応用物性
薄膜・表面界面物性
電子・電気材料工学
材料工学

セット ジイヨン 准教授

レーザ・フォトニクスの研究で世界を変えに行こう!

先端研(駒場第Ⅱキャンパス)において光ファイバ通信、光波計測およびレーザー加工等工業応用のためのパルスレーザ・光増幅器や高速光電子などの新規フォトニクスデバイス、レーザー光源・システムの研究を行なっています。同じ先端研の山下研究室とは研究・運営面で連携しています。

フォトニクス・ワイヤレス

種村 拓夫 准教授

半導体集積フォトニクス

数ミリ角の半導体チップの内部に光を閉じ込め、その状態を自在に操る技術を研究しています。「電子」にはない「光」ならではの特徴を活かしながら、頭の良い演算は「電子」回路に任せる、いわゆる“良いところ取り”の光電子集積チップを創出し、次世代光通信、光配線、イメージング、センシングなど、幅広い分野への応用を目指しています。

ナノ物理・デバイス
ナノ構造物理
光工学・光量子科学
電子デバイス・電子機器
通信・ネットワーク
計測工学

中山 雅哉 准教授

広域分散処理

様々な機器がネットワークを介して接続する現在、それらを繋ぐためのネットワーク基盤技術だけでなく、各種機器から情報をどのように集め、どのように処理し、どのように活用するかといった応用技術まで、あらゆる分野の領域を横断して、新しい研究課題にチャレンジしています。

ユビキタス情報環境
情報ネットワーク
マルチメディア・データベース
情報セキュリティ
ヒューマンコンピュータ・インタラクション

夏秋 嶺 准教授

アクティブセンシングが測る、世界の変化

「電波を使った観測」が私たちの研究テーマです。電波を使えば、昼夜天候に関係なく遠方のものを観測できます。人工衛星に搭載したレーダで、偏波や位相を使い、地球のダイナミックな変化を知ることがテーマです。

フォトニクス・ワイヤレス
知能情報学
防災学
計測工学

野村 政宏 准教授

環境熱発電とエネルギー自立型センシングシステム開発

スマートフォンの放熱問題を解決するようなナノ構造を用いた高度な熱伝導・放熱制御技術や、スマート社会の実現に役立つエネルギー自立型センサーを産学連携で研究開発しています。

ナノ物理・デバイス

松井 裕章 准教授

バイオ"を"学び、バイオ"に"学ぶエレクトロニクス

生命に特有の“ゆらぎ”をキーワードに、バイオに学んだ新しいエレクトロニクスを目指しています。磁性相や強誘電相から構成される人工格子を創製し、相共存と“ゆらぎ”が引き起こす新規物性と、柔軟でしなやかなバイオ固有の機能との類縁性に関する基礎研究を行っています。

バイオ・複雑系
ナノ材料工学
薄膜・表面界面物性
光工学・光量子科学
電子・電気材料工学

松久 直司 准教授

やわらかい電子材料で作る人に寄り添うエレクトロニクス

生体のように柔らかく伸縮する電子材料とデバイスの開発に取り組んでいます。柔らかさを活かし、皮膚や身体と一体化する次世代のヒューマン・コンピュータインターフェースの実現を目指しています。

ヒューマンコンピュータ・インタラクション
ナノ材料工学
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器
材料工学

矢谷 浩司 准教授

インタラクティブなシステムで新しいユーザ体験をデザインする

ユーザインタフェースの研究を通して,情報技術を活用した新たなアプリケーションを提案するとともに,インタラクティブなシステムが人間の行動や意思決定にどのような影響を与えるかを研究しています.

ユビキタス情報環境
情報セキュリティ
知覚情報処理
ヒューマンコンピュータ・インタラクション
知能情報学
生命・健康・医療情報

横田 知之 准教授

有機材料を用いたフレキシブルセンサの研究

有機半導体を中心とした柔らかい材料を用いたエレクトロニクスの研究開発を行っています。デバイス物性から、プロセス技術の開発、デバイス応用に至るまでの幅広い研究・開発を行っています。

ナノ物理・デバイス
生体医工学・生体材料
ナノ構造物理
薄膜・表面界面物性
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

レ デゥック アイン 准教授

超伝導・強磁性・トポロジーを融合した半導体材料とデバイスの創製

ナノスケールの半導体・強磁性体・超伝導体ハイブリッド構造のエピタキシャル成長を行い、「強磁性」「超伝導」「トポロジー」のall-in-one半導体プラットフォームを実現し、超低消費電力のエレクトロニクスと量子情報の基盤技術の開拓を目指します。

ナノ構造物理
ナノ材料工学
応用物性
結晶工学
薄膜・表面界面物性
応用物理学

講師

李 成薫 講師

ソフト・フレキシブルデバイスの医療応用

有機材料ならではの特異的な機能を生かして、生体に応用するためのフレキシブルデバイスの研究に取り組んでいます。近年、皮膚感覚に影響を与えない圧力センサ、炎症反応を生じない通気性電極、細胞レベルまで柔らかいナノメッシュセンサーを提案するなど、高い生体適合性を生かした次世代のバイオインタフェースへの研究を目指しています。

大西 亘 講師

メカトロニクス制御を数理最適化で究める

数理と情報の融合により物理限界の極限を攻めた制御性能を実現を目指しています。露光装置,半導体熱処理炉,鉄道などの制御対象に対して,最先端の制御則を提案・設計・実装し,持続可能で豊かな社会を支えます。

機械力学・制御
知能機械学・機械システム
電力工学・電力変換・電気機器
制御・システム工学
エネルギー

小菅 敦丈 講師

半導体を駆使した次世代センシング技術 ~見えないものを見えるようにする~

IoT/AI時代の情報技術を担う、電波や光の新しい性質を用いたセンシング技術や高度な信号処理を支える低電力プロセッサ技術を研究しています。

コンピュータ・システム
高性能計算
知覚情報処理
電子デバイス・電子機器

トープラサートポン カシディット 講師

機能性材料と半導体を融合した革新的電子デバイスの開拓

半導体・強誘電体をベースとした機能的電子デバイスの研究に取り組んでいます。材料物性、デバイス物理、デバイスの特徴を活かした新コンピューティング技術をはじめとする幅広い研究を行っています。

ナノ材料工学
応用物性
薄膜・表面界面物性
電子・電気材料工学
電子デバイス・電子機器

成末 義哲 講師

無線と未来を考える

サイバーフィジカルシステム(CPS)を最⼩限の⼈的コストで設計・構築・運⽤する“ゼロコン フィグレーションCPS”の実現に向け、次世代無線⽅式およびフィールド指向コンピューティングの研究開発を展開しています。

ユビキタス情報環境
情報ネットワーク
高性能計算
知能情報学
ウェブ情報・サービス情報
通信・ネットワーク