教育プログラム

リーディング大学院

「博士課程教育リーディングプログラム」は、優秀な学生を俯瞰力と独創力を備え広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーへと導くため、国内外の第一級の教員・学生を結集し、産・学・官の参画を得つつ、専門分野の枠を超えて博士課程前期・後期一貫した世界に通用する質の保証された学位プログラムを構築・展開する大学院教育の抜本的改革を支援し、最高学府に相応しい大学院の形成を推進する事業です。
東京大学では、平成25年度までに9つのプログラムが採択されていますが、工学系研究科は、そのほとんどに関わっており、18ある専攻のいずれからも、博士課程教育リーディングプログラムに参加することができます。

詳細はこちら

工学系研究科博士課程 学生特別リサーチ・アシスタント(SEUT-RA)

工学系研究科博士課程学生特別リサーチ・アシスタント(SEUT-RA)は、東京大学大学院工学系研究科における、学術研究の遂行に、優れた大学院学生を参画させ、学術研究活動の効果的推進、研究体制の充実及び若手研究者としての研究遂行能力の育成を図ることを目的とする。

平成27年度 東京大学大学院工学系研究科博士課程学生特別リサーチ・アシスタント(SEUT-RA)募集要項(4月採用分)

詳細はこちら