先輩からのメッセージ

憧れていた宇宙の現場を電気で支えられる

西山 万里
橋本研究室 修士課程2年

テーマ:宇宙機の航法誘導制御

宇宙をやるなら電気系工学専攻は穴場!

電気を究めて宇宙をめざすために、敢えて航空宇宙学科でなく電気系を選びました。宇宙をやりたいなら電気系は穴場!宇宙研究に電気電子機器は欠かせません。その点、東大電気系はアルゴリズムから回路まで、ソフトもハードも幅広い領域をカバーしている学科ですし、そうした素養を持つエキスパートとして宇宙に関わることができるのです。そこで学部時代は宇宙とは異分野のヒューマノイドロボットを研究し、別の形をしたロボットと同じ動作を模倣できるロボットの実現に成功しました。修士課程で今の橋本研究室に移りましたが、学部時代に学んだ遺伝的アルゴリズムは今も月面探査ロボットの研究に使っています。決して回り道ではなく、得た知識が役立っているのです。

宇宙開発の現場に近い

今、私は月着陸探査機のミッションに応じて最適な着地地点を計算し割り出す技術を研究しています。橋本研究室の魅力は、宇宙開発のリアルな現場に近いこと。研究は主に相模原の宇宙科学研究所で行っています。ここでは本物の衛星の組み立てを間近で見ることもできますし、橋本先生は話題になった「はやぶさ」を、小惑星の画像をもとに制御していた張本人でもあります。ここなら自分の研究成果が現場で使われる可能性だってあります。自分が将来の日本の宇宙研究に役立てると思うと誇らしくなります。

電気の基礎を活かして他の研究者と話せる

宇宙研には東大工学部、理学部の研究者だけでなく、他大学の研究者や留学生など、いろいろな人が集まっていて、研究室内外の交流も盛んに行われています。彼らからは工学だけでは成し得ない新しい探査機のインスピレーションをもらうなど、日々刺激を受けています。彼らが全く異分野の研究の話をしていても、おぼろげながらその内容が理解できるのは、電気系で回路や電気、磁気といった基礎知識を身につけてきたおかげ。電気系はジャンルが幅広い分学ぶことが多くて大変ですが、その知識があるとないとでは全く違います。ぜひ将来に活かしていってください。

← 一覧に戻る