電気電子工学コース紹介

電気電子工学コースは、大学としては世界初の電気系専門の学科として誕生(1873年)した歴史と伝統を受け継ぎ、工学における基幹分野を担うとともに、常に時代を切り開く新しい概念や先端技術を生み出してきたフロンティア精神を大切にしています。本コースでは、電磁気学、電気回路理論、数学、情報理論、量子力学などの基礎学問をベースとして、エネルギー、制御、環境、宇宙、情報、通信、集積回路、半導体デバイス、光エレクトロニクス、ナノサイエンス/テクノロジーに至る非常に幅広い分野で世界トップレベルの研究教育が行われています。また、物理学、化学、生物学、情報科学、材料科学、機械工学、航空宇宙、プラズマ理工学などとの境界領域や新しい領域も積極的に開拓しています。本コースの大学院生には、深い専門性を身につけ世界に通用するトップレベルの研究を行うとともに、時代の変化に対応したり先導したりすることができる広い視野を養うチャンスが用意されています。

電気電子工学は確固たる学問的基盤のもとに発展し、無限の広がりを有する分野であり、将来の発展の芽も数多く含まれています。ここには若い意欲ある学生がやりたいと思う魅力あるテーマが必ず見つかるはずです。電気電子工学コースは、融合情報学コースとともに電気系工学専攻を形成し、今後も世界レベルの研究教育を展開します。


電気電子工学コースの研究理念

電気電子工学コースは、大学としては世界初の電気系専門の学科として誕生(1873年)した歴史と伝統を受け継ぎ、工学における基幹分野を担うとともに、常に時代を切り開く新しい概念や先端技術を生み出してきたフロンティア精神を大切にしています。

本コースでは、電磁気学、電気回路理論、数学、情報理論、量子力学などの基礎学問をベースとして、エネルギー、制御、環境、宇宙、情報、通信、集積回路、半導体デバイス、光エレクトロニクス、ナノサイエンス/テクノロジーに至る非常に幅広い分野で世界トップレベルの研究教育が行われています。また、物理学、化学、生物学、情報科学、材料科学、機械工学、航空宇宙、プラズマ理工学などとの境界領域や新しい領域も積極的に開拓しています。

本コースの大学院生には、深い専門性を身につけ世界に通用するトップレベルの研究を行うとともに、時代の変化に対応したり先導したりすることができる広い視野を養うチャンスが用意されています。

電気電子工学は確固たる学問的基盤のもとに発展し、無限の広がりを有する分野であり、将来の発展の芽も数多く含まれています。ここには若い意欲ある学生がやりたいと思う魅力あるテーマが必ず見つかるはずです。

電気電子工学コースは、融合情報学コースとともに電気系工学専攻を形成し、今後も世界レベルの研究教育を展開します。

電気電子工学コースの研究分野

電磁気学、電気回路理論、数学、情報理論、量子物理学などの基礎学問をベースとして、下記項目に示されるような多様な研究教育を展開しています。

電気電子工学を軸に物理学、材料科学、機械工学、情報工学、航空宇宙、プラズマ、バイオなどとの境界領域や新領域も積極的に開拓しています。各研究室では深い専門性を身につけ世界に通用するトップレベルの研究を行うとともに、広い視野を養うための大学院教育カリキュラムが用意されています。

環境・エネルギー分野

エネルギー、特に電気エネルギーの発生、変換から輸送、利用までを含む過程に対して、その高効率化と環境改善に繋がるナノ領域の物理からデバイス、機器、システムを対象としたマルチスケールの研究を行っています。そこには、高電圧・高電界領域の物理と応用、プラズマ物理とその応用としての核融合エネルギーや環境改善技術、超電導やパワーエレクトロニクス技術の利用、分散型電源導入や電力市場自由化の中での電力システム、地球環境問題とエネルギー経済までをも包含しています。

21世紀の新しい電気エネルギーシステムの構築と環境問題の解決により、豊かな人間社会の実現に資する研究を推進します。

システム制御・宇宙分野

近未来のキーワードである「ロボット」「クルマ」「宇宙」に関する研究分野です。実社会への応用を重視した分野ですので、最先端技術を支えるエレクトロニクスとコントロールの基礎技術をしっかりと身につけることができます。福祉ロボットなど実社会のニーズに密着した地に足のついた本物のロボティクス、50%以上がエレキ製品となり将来は電力系統につながって電力供給の一翼を担うと期待される華麗な電気自動車の世界、安全で快適な交通システムの高性能化・情報化研究、未知への挑戦を行う宇宙システムへのエレクトロニクス・知能化ロボティクスの応用など、人類が安全で豊かな社会を持続するための研究を(マジ真剣に)推進しています。

ナノ物理・デバイス分野

今日の情報社会は、超高速・超高密度に情報を記憶・処理・伝送するデバイス技術に支えられています。しかし、従来の動作原理を用いたデバイスは、既に物理的な限界に達しつつあり、新しい原理に基づくデバイスの創成が求められています。

本分野では、ナノメートルの精度で精密に制御された電子材料や量子ナノ構造の中で、電子の電荷やスピン、光子が織りなす新しい物理の探求と、それらを応用した新しい概念のデバイス技術や情報処理技術の研究を推進しています。

バイオ・複雑系分野

エレクトロニクスで培われた究極の微細加工技術、計測技術を用いて“バイオを学び”、そして“バイオに学んだ”エレクトロニクスを展開しています。例えば、DNAは約0.4nmの間隔で遺伝情報が組み込まれた世界最小の集積度を持つ記憶媒体です。脳シナプスは3次元ネットワーク構造の可塑性により、柔軟でしなやかな情報処理を行っています。

また、コンピュータでは悪者である“あいまいさ/ゆらぎ”が、バイオの機能発現には本質な役割を果たしています。このような生体の持つユニークな機能を活用する事で、エレクトロニクスの新しいパラダイムの開拓を目指した研究を行っています。