融合情報学コース紹介

情報通信技術が急速に進展するなかで、その基盤となる電気電子工学や情報通信工学の領域において、ソフトウェアとハードウェアの細分化が起こっています。このような細分化は研究・開発の停滞を生みやすく、これを打破するには、全体を俯瞰する視野を持つことが極めて重要です。このような観点から融合情報学コースでは、情報・通信のハードウェア技術とソフトウェア技術とを再融合した新しい学問分野の創成を目指します。教育面でも、ハード・ソフトの両面を理解することができ、広い視野から次世代の情報通信技術の構築に貢献できる人材の育成を行います。新領域創成科学研究科の「フロンティア・スピリット」を継承し、工学系研究科の「伝統の力」を併せ持つ新しい融合情報学コースにおいて、私たちは情報通信技術の発展に果敢に取り組んでいきたいと思います。

研究領域

研究領域

融合情報学の目的

融合情報学では、従来の情報関連の分野を超え、ソフトウェアとハードウェア両面を融合した教育・研究を行っていきます。

融合情報学の概要

人は居ながらにして誰とでもコミュニケーションができ、知りたい知識が得られる高度情報化社会の進展は、今や政治、社会、経済をも動かす、世界的規模の止めることのできない趨勢です。それを正しく発展させることによって、単により多くの人にそうした利便を与えるだけでなく、人間の頭脳がもつ可能性を新しく引き出し開花させることを、融合情報学の使命とします。

これを行うには、ソフトウェア技術の進歩だけでなく、人間が情報を送り込む(入力)局面と、処理された情報を人間の五感を通じて取り出す局面(出力)とにおいて、物理学的原理に則って現実世界での操作を担うハードウェア面の進歩が等しく重要となります。この協調は今後、ソフトウェアとハードウェアがここに相対するのではなく、一つの研究の中に融合した形をとることによって、今までにない全く新しい科学技術を生み出す契機となるでしょう。